休日に行きたい"関東の絶景スポット"18選まとめてみた。

「たまにはちょっと遠出をしたい!」という時のために、東京から行ける絶景スポットをまとめてみました。

家族でドライブしながら巡るのも思い出になっていいかも。

那須高原/栃木県

都会を離れて澄んだおいしい空気を吸いたいならここ那須高原で決まり!

ドライブで景色を楽しんだり、ハイキングで自然を感じたり楽しみ方はいろいろあります。

那須高原/栃木県

【住所】栃木県那須郡那須町湯本地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【料金】無料
【電話番号】0287-76-2619(那須町観光協会)、0287-74-2301(那須高原ビジターセンター)
【公式サイト】https://www.nasukogen.org/charm/

鎌倉山/栃木県

まるで雲の上にいるような気分を味わうことのできる鎌倉山の雲海は秋から初冬にかけて見ることができます。

季節的にも時間的にも寒さが厳しいので防寒はしっかりしていかないと朝日を見るどころではないかもしれませんね。

鎌倉山/栃木県

【住所】栃木県芳賀郡茂木町九石地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【料金】無料
【電話番号】0285-63-5644(茂木町商工観光課)
【公式サイト】https://www.tochigiji.or.jp/spot/6920/

 大谷石採石場跡・大谷資料館/栃木県

まるで大神殿の中のような雰囲気で、その広さは2万平方メートル、深さ30メートルととても広く手掘りしていた頃のつるはしの跡などが今も壁に刻まれており、その歴史の深さを感じます。

手掘り時代には150kgもある石を一本ずつ背負って運んでいたというから昔の人には頭が下がる思いです。

大谷石採石場跡・大谷資料館/栃木県

【住所】栃木県宇都宮市大谷町909地図を見る
【営業時間】4月~11月 9:00~17:00、12月~3月 9:30〜16:30
【定休日】4月~11月:無休、12月~3月:毎週火曜日休館(火曜日が祭日の場合翌日休館)、年末・年始:12月26日~1月1日休館
【料金】個人:大人800円、子供(小・中学生)400円、未就学児 無料
【電話番号】028-652-1232(大谷資料館)
【公式サイト】http://www.oya909.co.jp/

日光東照宮/栃木県

聞かざる言わざる見ざるの3匹の猿が有名で、徳川家康を祀るために建てられた日光東照宮は1999年には世界遺産にも登録され国内外よりたくさんの人が訪れます。

何度も修復はされていますが、かなり昔の建物なのに随所にきれいな細工や装飾が施してあったりと、昔の職人達の素晴らしさが現代にまで受け継がれていることに感動と歴史を感じさせてくれるでしょう。

日光東照宮/栃木県

【住所】栃木県日光市山内2301地図を見る
【営業時間】4月1日 ~ 10月31日: 9:00~17:00、11月1日 ~ 3月31日:9:00~16:00(※尚、各期間とも受付は閉門30分前に終了致します)
【定休日】なし
【料金】【日光東照宮単独拝観券】個人:大人1,300円、小・中学生450円、【セット料金(東照宮拝観券+宝物館入館券)】個人:大人2,100円、小・中学生770円
【電話番号】0288-54-0560
【公式サイト】http://www.toshogu.jp/

榛名山(榛名富士)/群馬県

知らない人が写真だけ見たら富士山?と思ってしまうほど威風堂々とした存在感を放っていますね。

紅葉がきれいなことで有名で、さらに風のない日には湖に反射した逆さ榛名富士も拝むことができます。

榛名山(榛名富士)/群馬県

【住所】群馬県高崎市榛名湖町地図を見る
【営業時間】24時間 (ロープウェイ:4月~11月 9:00~17:00、12月~3月 9:00~16:00)
【定休日】なし
【料金】無料 (ロープウェイ:個人:大人450円/片道・850円/往復、小人(小学生)230円/片道・420円/往復)
【電話番号】027-374-5111(榛名観光協会)、027-374-9238(榛名山ロープウェイ)
【公式サイト】http://harunavi.pya.jp/wp/%e6%a6%9b%e5%90%8d%e6%b9%96/

吹割の滝/群馬県

東洋のナイヤガラとの呼び名も高い吹割の滝は幅が約30m、落差が約7mもありその自然の力強さは時間を忘れてずっと見ていられそうです。

春の雪解け水が流れ込んでいる時期が水量が多く、逆に冬には少なくなってしまうので、冬に行く際には思っていたのと違うかもしれないので覚悟していきましょう。

吹割の滝/群馬県

【住所】群馬県沼田市利根町追貝地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし (※例年12月中旬~3月下旬は冬季閉鎖されます。遊歩道は夜間通行止めです。)
【料金】無料
【電話番号】0278-56-2111(沼田市役所 利根支所 観光係)
【公式サイト】https://www.numata-kankou.jp/fukiwarenotaki/index.html

野反湖/群馬県

野反湖は標高1500mを超える国立公園内にあるダム湖で、「天空の湖」とも呼ばれています。

アルプスの山々を思わせるような大自然が広がっており思わず体が小躍りしてしまいそうですね。

野反湖/群馬県

【住所】群馬県吾妻郡中之条町入山地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【料金】無料
【電話番号】0279-95-3111(中之条町役場六合支所)
【公式サイト】https://nakanojo-kanko.jp/kuni/spots/%E9%87%8E%E5%8F%8D%E6%B9%96/

国営ひたち海浜公園のネモフィラ畑/茨城県

4月下旬から5月中旬にかけて咲く花で、みはらしの丘というエリア一面を真っ青に染めてくれます。

広い園内はいろいろなエリアに分かれており、海を見たりバーベキューをしたりと一日中遊び倒しても余るくらい楽しめるでしょう。

国営ひたち海浜公園のネモフィラ畑/茨城県

【住所】茨城県ひたちなか市馬渡 字大沼605-4地図を見る
【営業時間】9:30~17:00(夏期 〜18:00、冬期 〜16:30)
【定休日】毎週火曜日(火曜日が祝日にあたる場合は直後の平日)、12月31日、1月1日、2月の第1月曜日からその週の金曜日まで
【料金】個人:大人(高校生以上)450円、中学生以下 無料、シルバー(65歳以上)210円  春のネモフィラ・秋のコキアの見頃時期は、左記の入園料+イベント料金 250円
【電話番号】029-265-9001
【公式サイト】https://hitachikaihin.jp/

あしかがフラワーパーク/栃木県

樹齢150年近くにもなる大藤がこの園最大の見所です。季節ごとにテーマの違った植物の鑑賞ができるので一年中楽しめます。

また、ここのイルミネーションは関東3大イルミーネーションにも選ばれており、昼夜ともに楽しめますね。しかし、イルミネーションは期間が決まっているようなので事前に調べてから行きましょう。

あしかがフラワーパーク/栃木県

【住所】栃木県足利市迫間町607地図を見る
【営業時間】通常期 9:00~18:00、夏季・冬季 10:00~17:00
【定休日】なし (但し、2月第3水、木と12月31日は休園)
【料金】◎花の咲き具合により料金が変動します。 2021. 01月01日 ~ 03月31日:大人400円~700円・小人200円~400円、04月01日 ~ 05月31日:大人700円~1,900円・小人400円~900円、06月01日 ~ 06月30日:大人800円~1,300円・小人300円~700円、07月01日 ~ 12月30日(昼の部):大人400円~800円・小人200円~400円(※小人料金は、4才~小学生まで)
【電話番号】0284-91-4939
【公式サイト】https://www.ashikaga.co.jp/

竜神大吊橋/茨城県

本州で一番の長さの吊橋は竜神ダムの上にかかっており、その長さは375mで高さは100mとかなり高く、橋から見下ろすだけで足がすくんでしまいそうですね。

竜神大吊橋/茨城県

【住所】茨城県常陸太田市天下野町2133−6地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【料金】無料
【電話番号】0294-87-0375(水府物産センター)
【公式サイト】https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/ryujin_bridge.html

長瀞渓谷/埼玉県

長瀞(ながとろ)渓谷ではラフティングなどのアクティビティが充実しているので暑い夏には最高かもしれませんね。

また、長瀞町には他にも様々なレジャー施設がたくさんあるので何度訪れても楽しめそうです。

長瀞渓谷/埼玉県

【住所】埼玉県秩父郡長瀞町長瀞地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【料金】無料
【電話番号】0494-66-3311(長瀞町観光協会)
【公式サイト】https://www.nagatoro.gr.jp/

三十槌の氷柱/埼玉県

三十槌の氷柱は、冬の厳しい寒さが作り出す芸術作品です。自然が作り出す絶景は2度と同じものはできません。

一期一会の絶景に時間を忘れてしまいそうですね。それと、寒さ対策は万全にしていきましょう。

三十槌の氷柱/埼玉県

【住所】埼玉県秩父市大滝4066地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし (氷柱は1月中旬から2月中旬頃)
【料金】無料
【電話番号】0494-55-0707 (秩父観光協会 大滝支部)
【公式サイト】http://www.chichibuji.gr.jp/event/turara/#misotsuchi

ユーシン渓谷/神奈川県

隠れスポットとして密かに知られていたユーシン渓谷は、最近ではメディアに取り上げられるなどしたため人気のスポットとして知れ渡りました。

少し歩いて行かなければいけないので歩きやすい装備で行きましょう。

ユーシン渓谷/神奈川県

【住所】神奈川県足柄上郡山北町玄倉地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【料金】無料
【電話番号】0465-75-2717(山北町観光協会)
【公式サイト】https://www.yamakita.net/sightseeing/detail.php?id=26

川崎工場夜景/神奈川県

川崎の工場夜景は見るスポットによって様々な表情を見せてくれます。

バスツアーやクルージングもやっているので、いろいろ周って自分の好きな夜景を探してみましょう。

川崎工場夜景/神奈川県

【住所】神奈川県川崎市川崎区千鳥町1地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【料金】無料
【電話番号】044-544-8229(川崎市観光協会)
【公式サイト】http://k-kankou.jp/study_tourism/night/night.html

猿島/神奈川県

かつては軍の要塞として使われていたそうですが、長い年月をかけて自然と人工物が混じり合っていてなぜかワクワクしてしまいますね。

アニメなら確実にトンネル抜けたら違う世界につながってるっていうパターンのやつですよねコレは.....

猿島/神奈川県

【住所】神奈川県横須賀市猿島地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【料金】無料
【電話番号】046-822-8124(横須賀集客促進・魅力発信実行委員会)、046-825-7144(株式会社トライアングル)
【公式サイト】https://www.cocoyoko.net/spot/sarushima.html

濃溝の滝/千葉県

現実離れしたその光景は、神秘的な雰囲気が漂っており本当に実在する写真?と思わず疑ってしまいますね。

そんな絶景だからこそ、その名は世界中にも知れ渡りたくさんの外国人観光客が訪れるほどです。

濃溝の滝/千葉県

【住所】千葉県君津市笹1954地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【料金】無料
【電話番号】0439-56-1325(君津市経済振興課観光振興係)
【公式サイト】https://www.city.kimitsu.lg.jp/site/kanko/2259.html

泊海水浴場/東京都

リゾート感が満載の泊まり海水浴場はまるでプライベートビーチのような雰囲気がしますね。

ここの海は透明度が非常に高くとてもきれいで、ダイビングなどのアクティビティも楽しめます。夏休みにはぜひとも行きたいものですね。

泊海水浴場/東京都

【住所】東京都新島村式根島地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【料金】無料
【電話番号】04992-7-0606
【公式サイト】https://bluemarine02.com/

小笠原諸島/東京都

めちゃくちゃ遠いですけど一応東京都に属しているので入れてみました。

一度は行ってみたいスポットとしても知られる小笠原諸島。

移動時間はかなり辛いですが、普通では絶対に味わえない大自然を体験するのもいいかも。

小笠原諸島/東京都

【住所】東京都小笠原村地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【料金】無料
【電話番号】04998-2-2587(小笠原村観光協会)
【公式サイト】https://www.ogasawaramura.com/

-国内の観光スポット

© 2021 地球旅 Powered by AFFINGER5