長崎のおすすめ観光スポットランキングBEST10

今回は長崎県の人気観光スポットをまとめてみました。
長崎県へ旅行する際はぜひお役立て下さいませ。

長崎県に行くなら見ておきたい人気観光スポットまとめ

1,ハウステンボス(佐世保市)

オランダの文化を満喫することができる巨大テーマパークで、
イルミネーションが素晴らしく、1,000万球の電球を使っています。

見る・遊ぶ・体験する・食べる・泊まる・買い物を楽しむ等、
最高の一日を過ごせる九州を代表する人気の観光スポットです。

ハウステンボス(佐世保市)

【住所】長崎県佐世保市ハウステンボス町1−1地図を見る
【営業時間】9:00~21:00(季節やイベントによって変更の場合あり) ※1月18日(月)~2月7日(日)平日10:00~19:00、土日9:00~19:00
【定休日】なし
【料金】1DAYパスポート:個人:大人(18歳以上)7,000円、中人(中・高校生)6,000円、小人(小学生)4,600円、未就学児(4歳以上未就学児)3,500円、3歳以下 無料、おもいやり(65歳以上・妊婦+同伴者1名・3歳以下の子連れ(同伴者2名)・ペット連れ(1頭につき1名)5,000円)
【電話番号】0570-064-110
【公式サイト】https://www.huistenbosch.co.jp/

2,グラバー園(長崎市)

グラバー商会を設立したトーマス・ブレーク・グラバーが住んでいた
日本最古の木造洋風建築「旧グラバー住宅」を見ることができます。

グラバー住宅は1961年に国の重要文化財に指定されました。

グラバー園(長崎市)

【住所】長崎県長崎市南山手町8−1地図を見る
【営業時間】8:00~18:00(季節により夜間開園を実施)
【定休日】なし
【料金】個人:大人620円、中人(高校生:要証明書提示)310円、小人(小・中学生)180円、未就学児 無料
【電話番号】095-822-8223
【公式サイト】http://www.glover-garden.jp/

3,平和公園(長崎市)

世界平和を願い、原爆落下の中心地に造られた公園です。

毎年8月9日は原爆で亡くなった約7万5千人の方々の
慰霊祭と平和記念式典が行われ、多くの人が集まります。

平和公園(長崎市)

【住所】長崎県長崎市松山町9地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【料金】無料
【電話番号】095-829-1164
【公式サイト】https://www.city.nagasaki.lg.jp/heiwa/3030000/3030100/p005151.html

4,眼鏡橋(長崎市)

1634年に造られた日本最古の石造アーチ橋で、
川面に反射した姿はまさに眼鏡そのものです。

国の重要文化財に指定され、多くの観光客が渡りました。

眼鏡橋(長崎市)

【住所】長崎県長崎市魚の町地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【料金】無料
【電話番号】095-829-1162
【公式サイト】https://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/190001/192001/p000713.html

5,端島(軍艦島)(長崎市)

海底炭鉱で栄えた島で、日本の近代化を支えてきました。

島の半分は鉱場で、1960年には約5千人が住んでいて、
人口密度は東京の9倍以上で世界一でした。

1974年にエネルギーが石炭から石油へと変わったことにより閉山となり、
現在は無人島だが、Googleストリートビューで見ることができます。

端島(軍艦島)(長崎市)

【住所】長崎県長崎市高島町地図を見る
【営業時間】要予約:上陸ツアーは要予約
【定休日】なし
【料金】料金はツアー会社により異なる
【電話番号】095-829-1314
【公式サイト】http://www.gunkanjima-nagasaki.jp/

6,長崎原爆資料館(長崎市)

被爆の惨状を示す数多くの資料が保存されています。

原爆投下前後の長崎の街を再現展示してあり、
原爆の恐ろしさを改めて知ることができる場所です。

長崎原爆資料館(長崎市)

【住所】長崎県長崎市平野町7−8地図を見る
【営業時間】4月~11月 8:30~19:00、12月~3月 8:30~11:00、12月30日~1月3日は10:00~18:00
【定休日】第3月曜(メンテナンスなどによる臨時休館あり)
【料金】個人:大人630円、小人(中・高校生)310円、未就学児 及び長崎県内の小・中学生は無料(但し、企画展は別料金)
【電話番号】095-844-1231
【公式サイト】https://nabmuseum.jp/

7,新地中華街(長崎市)

横浜中華街・神戸南京町と共に日本三大中華街と称されています。
長崎ちゃんぽんや皿うどんなどの長崎中華を味わえる観光スポットです。

新地中華街(長崎市)

【住所】長崎県長崎市新地町10−13地図を見る
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【料金】無料
【電話番号】095-822-6540
【公式サイト】http://www.nagasaki-chinatown.com/

8,稲佐山(長崎市)

函館の函館山・神戸の六甲山と共に日本三大夜景に選ばれている山です。
山頂の展望台2Fには、長崎の街並みを一望できるレストランがあります。

稲佐山(長崎市)

【住所】長崎県長崎市稲佐町364地図を見る
【営業時間】24時間:屋上展望所は終日開放(※展望塔は22:00に閉鎖)
【定休日】なし
【料金】無料 (ロープウェイ:個人:大人1,250円/往復・730円/片道、中人(中・高校生)940円/往復・520円/片道、小人(小学生・幼児)620円/往復・410円/片道。ほか稲佐山中腹駐車場からスロープカーの運行あり)
【電話番号】095-861-7742
【公式サイト】https://www.inasayama.com/

9,雲仙地獄(雲仙市)

雲仙の古湯と新湯の間の白い土に覆われた一体が雲仙地獄地帯です。
激しく噴出する温泉とガスが漂う地獄の遊歩道は無料で入れます。

雲仙地獄(雲仙市)

【住所】長崎県雲仙市小浜町雲仙地図を見る
【営業時間】24時間(雲仙地獄足蒸し・雲仙地獄工房:4~10月 9:00~18:00、11~3月 9:00~17:00)
【定休日】なし
【料金】無料
【電話番号】0957-73-3434
【公式サイト】http://www.unzen.org/tourism/spot1.html

10,長崎バイオパーク(西海市)

ふれあい・エサやり体験、シイタケ狩り、ザリガニ釣り、
ピザ作りなど、様々な体験ができる動植物園です。

長崎バイオパーク(西海市)

【住所】長崎県西海市西彼町中山郷2291−1地図を見る
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】なし
【料金】個人:大人1700円、中人(中・高校生)1100円、小人(3歳~小学生)800円
【電話番号】0959-27-1090
【公式サイト】http://www.biopark.co.jp/


以上、長崎県の行っておきたい観光スポットまとめでした!

-国内の観光スポット

© 2021 地球旅 Powered by AFFINGER5